アルバイト経験からわかる映像制作の世界

subpage01

映像制作というとテレビ番組や映画というイメージが真っ先に浮かびますが、インターネットが普及した現代において動画サイトなども無数に存在し、ツールの需要の幅は格段に広がっています。
電波を扱う業界に広告を打ち出すことはできなくても、インターネットにアップロードするだけならば遥かに低コストで実行することができるからです。
よって、映像制作会社の数も右肩上がりの傾向にあります。



この仕事に就こうとしている多くの人は、自分の作った作品が多くの人の目に届くという意味で、華やかな世界という印象を抱いているかもしれません。

動画制作の情報を掲載しませんか。

たしかにそういう一面もありますが、実際の仕事内容は地味なものが多い場合もあります。


一度、アルバイトとして経験してみることをおすすめします。
たとえば、収録するためのスタジオのセッティングなどでは、道具や家具の配置などを考えなければなりません。

たとえばインテリアショップの映像制作を行おうとした場合、重たいベッドの向きをあらゆる方向に変える必要があったりします。
当然引越し業者などが同行しているはずもないので、スタッフでやらなければなりません。


力仕事はアルバイトに任される可能性も高いので、映像制作の仕事の基本を学ぶことができるでしょう。体育会系のイメージが少ない映像の世界ですが、実は肉体労働でもあるわけです。
アルバイトの場合は基本的に単純作業しか任されません。
与えられた仕事が自分に向いているかどうか、判断の材料になることでしょう。

産経ニュースはかなり有益な情報が揃っています。