人間関係が大切な映像制作のアルバイト

subpage01

映像制作の仕事に興味を抱いている人の多くが、比較的明確な動機を持っている傾向があります。
たとえばテレビ番組をつくりたいとか、映画監督になりたいという気持ちです。

具体的な目標を持つことは何をやるにおいても良いことですが、映像制作においてはその強い気持ちがかえって邪魔になる可能性があります。

映像というのは完成された状態で、多くの人の眼と耳に届きます。


よって一般の人達は映像をひとつの作品として捉えていますが、そこには多くの専門家が携わり、それぞれのプロフェッショナルの技術が採用されています。
基本的に自分一人だけでできるものではないとうことを認識しておきましょう。アルバイトとして現場で働いてみることは有益な判断だといえます。
まず、現場に行くと人の多さに驚くことでしょう。


出演者の他に、カメラマンや音声担当、ディレクターがいてその周りにプロダクションのスタッフや、広告会社の社員に、スポンサー、雑誌記者と数えきれません。



また、目に見えないところでもナレーターやアニメーションCGの作成を行っている人などもいます。



アルバイトは下働きをさせられますので、ある意味では肩書を超えた気遣いを見せなければなりません。

弁当や飲み物の買い出しではそれぞれの好みを把握していなければなりません。

産経ニュース情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

映像制作はオタク気質が必要な一面もありますが、アルバイトのうちは誰とでも人間関係を築けるような器用さが必要であることを知っておくべきでしょう。